グルコバイ(アカルボース)でどれだけ痩せられるか?

最近ネットでよく耳にするメディカルダイエット。グルコバイ(アカルボース)は食後の血糖上昇をおさえる薬で糖尿病の治療に用いられますが、美容外科ではダイエットピルとして扱われています。

アミラーゼ/α-グルコシダーゼを阻害

アミラーゼ/α-グルコシダーゼを阻害

糖質の吸収を抑えることで糖分が脂肪細胞として蓄えられる=中性脂肪になるのを防ぐことができます。

炭水化物は体内でアミラーゼという酵素によって二糖類に分解され、二糖類はα-グルコシダーゼという酵素によって単糖類に分解されてからようやく小腸に吸収されるプロセスになっています。

この時、二糖類の状態までは小腸に吸収されることはありません、単糖類になってはじめて小腸に吸収されるようになります。

アミラーゼやα-グルコシダーゼという酵素の働きを抑制することで単糖類に分解されるのを防ぎ、糖が小腸に吸収されるのを遅らせることで血糖値の急な上昇を抑えることが出来るのです。

アカルボース(商品名:グルコバイ)は、このアミラーゼやα-グルコシダーゼの作用を阻害する働きがあるのだそうです。


メディカルダイエットの分類

メディカルダイエットの分類

グルコバイはダイエット専門の美容外科などでも処方される薬ですが、全てのケースで有効と言うわけではありません。

ダイエットピルにはそれぞれ特徴があり、ケースに応じた服用方法があります。

例えば、糖分や炭水化物をカットしたいならグルコバイを食前に服用することが適しています。

油をカットしたいならBBXやゼニカル、オルリファストなどが適しています。

また、食欲ごと止めたいならサノレックスやBBX、リポドリンなどが挙げられます。この様にダイエット目的であってもそれぞれケースに合わせた選択が求められます。


マキシマムストレングスとの違い


マキシマムストレングス・3in1・カーボブロッカー(75ソフトジェル)

グルコバイだけでなく、同様に糖質の吸収を抑制してくれるマキシマムストレングスという人気サプリメントがあります。

有効成分である白インゲン豆エキスがアミラーゼという炭水化物を消化する酵素の働きを阻害してくれます。

マキシマムストレングスは炭水化物から二糖類に分解するアミラーゼの働きだけを阻害するのに対し、グルコバイは炭水化物から二糖類に分解するアミラーゼと二糖類から単糖類に分解するα-グルコシダーゼの両方を阻害する働きがあります。

マキシマムストレングスはローカーボダイエットのサプリメントとしてとても人気があります。

マキシマムストレングスで糖分や炭水化物をカットし、オルリファストで油分をカットするといった猛者もいるようです。


ダイエットピルのカテゴライズ

ダイエットピル

一言でダイエットピルといってもさまざまです。ケースに応じて適する効果が異なります。




ページのトップへ戻る