グルコバイ(アカルボース)でどれだけ痩せられるか?

最近ネットでよく耳にするメディカルダイエット。グルコバイ(アカルボース)は食後の血糖上昇をおさえる薬で糖尿病の治療に用いられますが、美容外科ではダイエットピルとして扱われています。

血糖値の上昇を抑える

血糖値の上昇を抑える

グルコバイ(アカルボース)の効果を説明してきましたが、どれくらい血糖値の上昇を抑えることが出来るのでしょうか。

まず糖の吸収について、おさらいすると以下の様になります。

①炭水化物が体内に入るとアミラーゼという酵素によって二糖類に分解される。
②二糖類はα-グルコシダーゼという酵素によって単糖類に分解される。
③単糖類に分解されてからようやく小腸に吸収される。
④小腸で単糖の吸収が行われると血糖値が一気に急上昇する。
⑤各細胞に糖を行き渡らせた後、残った糖分が中性脂肪として蓄積される。

グルコバイ(アカルボース)は上記プロセスの①と②にあるアミラーゼやα-グルコシダーゼの作用を阻害します。そうすることで、小腸で糖質の吸収を遅らせ、食後の高血糖を抑制します。その結果、糖分が残ることなく中性脂肪として蓄積しにくくなるのです。


グルコバイ(アカルボース)の効果を検証

グルコバイ(アカルボース)の効果を検証

血糖値が上がらないように食べることが太らないコツです。グルコバイ(アカルボース)は急な血糖値の上昇を抑えます。これがどれくらいの効果があるのでしょうか。グルコバイ(アカルボース)の口コミの中から実際に検証されたものがありましたので載せておきます。

今日届き、さっそく回転すしで効果を検証しました。
20貫約400グラムの白米を食して、1時間後血糖値153、2時間後血糖値128でした。
白米150グラムで230オーバーの私としては、驚異の数値です。

すばらしい効果を実感しました。
オオサカ堂 - グルコバイ(アカルボース)の口コミより抜粋

健康な方では血糖値は80mg/dlから140mg/dlの範囲です。この方は寿司を20貫も食べて153mg/dlですので、グルコバイの効果がとても表れた結果と言えるでしょう。グルコバイは薬剤なので、ここまでの効果は薬局に出回っているサプリ等では難しいかもしれません。


ダイエットピルのカテゴライズ

ダイエットピル

一言でダイエットピルといってもさまざまです。ケースに応じて適する効果が異なります。




ページのトップへ戻る